Xbox 360 ブログ -Xbox LIVE、Kinect などのゲーム情報-


「Halo 3」関連情報 8月のプレイリスト&自動アップデート

Posted in 「Halo 3」情報 by xbox360kinectlive : 08/06/2008


「Halo(ヘイロー)」シリーズの開発元であるBungie(バンジー)社のコミュニティーサイト「Bungie.net」からの情報です。
今月のマッチメイキング・プレイリストと、自動アップデートの内容が発表されました。その詳細をご紹介します。

 

マッチメイキング・プレイリスト 8月のアップデート内容

■Ranked Playlists(ランク プレイリスト)
Team Objective
・ Oddballを追加
・ King of the Hillを追加
・ 対称マップからGhost Townを除去

Team Doubles
・ Oddballを追加
・ King of the Hillを追加
・ The Pitでの2 Flagを追加
・ Blackoutでの1 Flagを追加

Ranked Big Team
・ 大規模マップでの各種Slayerを追加
・ 大人数対戦向けにStandoffを調整
・ Sandtrap Heavyを追加

■DLC
DLC Slayer
・ Cold Storageの出現頻度を増加

■Hardcore
MLG
・ MLG Blackoutを終了

■Double EXP Weekends
(開催予定順)
・ Legendary Brawl (Ranked)
・ Grifball
・ Team Snipers
・ Living Dead

自動アップデート第2弾
今月は、2度目の自動アップデートも予定しています。プレイヤーの目にほとんど触れないものでは、ゲームの水面下でのあまり感心できない(わんぱくな)行為、態度、常時抱えている問題について、より詳しく情報を集めるためにバックエンドの更新を行います。

プレイヤーにとっても非常に分かりやすいものとしては、「Halo 3」の経験値システムに新しい機能が導入されます。
これまで「Halo 3」では、皆さんの"階級"を決定するために、各プレイヤーのランク プレイリストでの最高スキルに準じた単一のバケツに経験値を集めてきました。その「Halo 3」のマッチメイキングに、新しいプレイリスト・レーティングが加わります。

ここで、何がどのように変わり、また変わらないかを説明しておきましょう:

・ 皆さんの"スキル"はリセットされません。皆さんが獲得したスキルの価値は変わりません。
・ 皆さんの現在のEXP(経験値)もリセットされません。皆さんのトータル経験値や階級は、引き続きService Record(サービスレコード)に表示されます。

しかし、プレイリスト・レベルでは、いろいろと大きく変わります。
自動アップデート第2弾の実施後は、皆さんのトータル経験値がService Recordでカウントされ続ける一方で、プレイリスト別に個々の経験値レートも測定されるようになります。このプレイリスト・レーティングは、各プレイリストで発生した皆さんの経験値量に基づくもので、この値によって、それぞれのプレイリストでの皆さんのレーティングが基礎づけられることになります。自動アップデートの開始時に、各プレイヤーのプレイリスト単位での経験値が参照され、それに従ってすべてのプレイヤーが新たにスタートすることになります。

それらの新しいプレイリスト・エンブレムは、「Halo 3」プレイヤーであればすぐに理解してもらえると思いますが、皆さんの総合レーティングとプレイリスト・レーティングを区別するために、ちょっとした視覚表示もご用意します。
分かりやすい例えで言えば、Team SlayerでGeneralになるには、ただレベル50になり、一定量のトータルEXPポイントを溜めればよいというわけではなくなります。

プレイリスト・レーティングに従って、プレイヤーは、好きなプレイリストの数だけGeneralになることができます。それぞれの経験値が、この新しいプレイリスト・レーティングでの通貨となるわけです。

Bungie.net内で参照できるようになるPlaylist Progression(プレイリスト進行度)の一例。アタマの()はそのプレイリストがソーシャル(S)なのかランク(R)なのかを表し、プレイリストごとの進行度が表示されます。

このシステムでは、プレイヤーはプレイリストごとに個々のレーティングを持ち、Bungie.net内でそれを視覚的に参照できます。それぞれのプレイリストの現在の状態を知ることができるわけですね。カスタムゲームでは、各プレイヤーのService Record上のレーティングが他のプレイヤーを知る目安にもなるでしょう。

**追記**
以下は、プレイリスト・レーティングについていち早く寄せられたユーザーからの質問です。

Da Kr3w4893氏からの質問:
誰か、この新しいランキング・システムを分かりやすく説明してくれませんか? 正直、かなり混乱してます。
1.プレイリストごとに、個別に階級がつくの?
2.このアップデート実施後にプレイリストに入ると、自分の階級はRecruitって表示されるの?
3.Generalになるには、それでもレベル50になる必要があるの?

1.はい。ランクとソーシャルの各プレイリストに、それぞれ独自の階級が設定されます。
2.自動アップデート実施後に初めて入ったプレイリストでは、Recruitになります。ランク プレイリストでは引き続き、皆さんの"スキル"が表示されます。
3."Service Record上で"Generalになるには、これまで同様、総合レーティングでレベル50になる必要があります。プレイリスト・レベルでは、各プレイリストの経験値を溜めていくことで、ふつうにGeneralになれます。スキル値は問われません。

Toadie1979氏からの質問:
1つのプレイリストで、いまGeneralの人がGunnery Sgtになれるっていうのは、どれだけ他の人にとっても公平なのか説明してもらえますか? ふつうに考えると、いまがんばるのは得策でないように思えるので、個人的には、そのアップデートの実施まで待とうと考えてます。そのシステム自体、開始から数週間後には、マッチメイキングをつまらなくしているような気もします。

実際はこれまでずっとしてきたように、今後もスキル・レベルの値に基づいてマッチングが行われます。プレイリスト内では、あなたは今後も同程度のスキルを持つプレイヤーとマッチングされるでしょうし、そのスキルの数がリセットされることはありません。皆さんがプレイリスト別に成長度合いを確認できるように、新しい測定基準を加えるだけです。あなたが現在、ランクプレイリストのTeam Slayerでレベル44なら、そのままレベル44のままですし、レベル44と表示されます。Team Slayerでは、レベル44のRecruitになるわけです。多くの対戦後には、そのTeam Slayerでレベル44のGeneralになるかもしれません。

プレイリスト・レベルの階級は、もはや"スキル"値の数字(1~50)を置き換えたものではありません。ただ、Bungieとしてはできるだけ公正にマッチを行いたいので、誰と誰を出会わせるかを決定するために、引き続きスキル値を使用しようというわけです。

「おいおい、これしか変わらないの?」と思っている人もいるかもしれません。今月行われる更新の多くは、プレイヤーが決して気づくことのないバックエンドに関するものですしね。でも、8月の変更点が非常に少ないと感じた人は、ある意味では正しいです。というのもBungieでは、9月のマッチメイキングのための、より大規模な更新の準備に注力しているところだからです。もっと大規模ですよ。

もっと、もっと大規模です。

もう、ホントに膨大なんです。その試案について内部で話すたびに、担当スタッフがどれだけ目を回していることか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。