Xbox 360 ブログ -Xbox LIVE、Kinect などのゲーム情報-


「Halo 3」関連情報 ハードディスクへの取り込みに関するご注意

Posted in 「Halo 3」情報 by xbox360kinectlive : 11/28/2008


「Halo(ヘイロー)」シリーズの開発元であるBungie(バンジー)のコミュニティーサイト「Bungie.net」からの情報です。「Halo 3」をハードディスクに取り込んでプレイすると通常よりもマップのロード時間が長くなり、結果としてマッチメイキングに悪影響を及ぼすという報告が掲載されました。Bungieスタッフによる解説とアナウンスをご紹介します。

「New Xbox Experience」のコンセプトのもの配信されたXbox 360の大型システムアップデートで、ディスクのゲームを本体のハードディスクに取り込む新しい機能が使えるようになりました。残念なことに、「Halo 3」でその機能を使用すると、従来よりもロード時間が長くなり、皆さんのオンラインプレイに悪い影響を与えてしまう恐れがあります。詳細は以下をお読みください。

「Halo 3」とハードディスクへの取り込み機能
システムアップデートが配信され、その新機能の1つとして、ディスクのゲームをハードディスクに取り込むことができるようになりました。依然、トレイにオリジナルのディスクを入れておく必要はありますが、ハードディスクへ取り込むと DVDドライブを使わないことにより、ゲームによっては若干動作パフォーマンスが向上します。しかし、これは"すべての"ゲームに取り込むことによる効果が現れるということではありません。事実、「Halo 3」ではよりロード時間が長くなってしまいます。いくつかのウェブサイトが、「Halo 3」をハードディスクに取り込み後、どれくらいパフォーマンスが落ちるかを検証し、場合によってはかなりロード時間が長くなるとレポートしています。Bungieの内部検証でも、同様の結果を確認しています。

このような結果になる理由をご説明するために、Bungieのエンジニアであり、キャッシュ担当のチーフであるMat Noguchiに、いくつかの質問に答えてもらいました。

「Halo 3」をディスクから直接動かす場合と、取り込んだハードディスクから動かす場合での総合的なパフォーマンスの差は何でしょう?いくつかのウェブサイトでは、取り込み後、動作が"悪化する"とレポートされています。
Xbox 360のハードディスクには、ユーティリティーパーティションと呼ばれるゲーム用のセクションがあります。ゲームは、このセクションをあらゆる用途に使用できます。「Halo 3」では、ユーティリティーパーティションをマップのキャッシュ(一時保持)に使っています。DVDから読み込むよりもハードディスクから読み込むほうが速いからです。なお、別の試合をするときはユーティリティーパーティションのデータが削除されることもあります。「Halo 3」でさまざまなセッションをまたいで試合を行う際、マップの読み込みに(「Halo」や「Halo 2」のように)より長く時間がかかるのはこのためです。

「Halo 3」の動作時にハードディスクが接続されている場合、DVDから(ハードディスクの)ユーティリティーパーティションにマップをコピーすることになります。必要に応じて、「Halo 3」の一部をハードディスクへの取り込みしていると考えてください。とはいえ、「Halo 3」自身はどこから実行されているのかわからないので、つねにDVDから実行されていると仮定しています。これが、「Halo 3」の出荷後にXbox 360へと追加された新機能(つまりハードディスクへの取り込み)に不幸な結果を招きます。すでに「Halo 3」がハードディスクへ取り込みされている場合でも、ユーティリティーパーティションにマップをコピーすることになってしまうのです。

では、なぜハードディスクからハードディスクへのコピーが、DVDからハードディスクへのコピーよりも遅いのか? 前者の場合は、あるI/Oデバイス(入出力装置)(ハードディスク)から読み出し、同じI/Oデバイス(ハードディスク)へと書き込まれることになります。後者の場合は、一方のI/Oデバイス(DVD)から読み出し、別のI/Oデバイス(ハードディスク)へと書き込まれることになります。前者の場合、同じデバイスから読み出しと書き込みを行うため、総コピー時間は、マップを読み出すためにかかる時間とマップを書き込むためにかかる時間を足した時間になります。要はハードディスクの都合で、読み出しと書き込みを同一のメカニズムで同時に行えないわけです(それができればすばらしいのですが、ここでは詳しい説明は省きます。残念ながら、それは複数の理由により容易ではありません)。後者の場合は、別々のデバイスから読み出しと書き込みを行うので、総コピー時間は、マップを読み出す総時間やマップを書き込む総時間より、少し長いだけになります。一方のデバイス(DVD)から読み出すのと同時に、別のデバイス(ハードディスク)へと書き込めるからです。(取り込んだ場合)読み出すまでデータの書き込みを始められないため、マップのコピー時間にとっては小さいものですが、いくらか余分に時間がかかるわけです(約128k 対 500MB、あるいはレシオ4000:1)。

ロード時間は、これから始めようとしているマップの事前読み込みデータなどにも関係していて、これによって非インタラクティブなロード画面で待つ必要がなくなります:ロード時間の差は、ユーティリティーパーティションにキャッシュされていないとき、あるいは他のマップを使用していてユーティリティーパーティションから除去されているときに、マップをコピーする場合にのみ生じます。マップがキャッシュされると、「Halo 3」で要するロードする時間はDVDもハードディスクもまったく同じになります。

なぜそうなるのでしょう? 他の多くのソフトでは、ハードディスクへの取り込むとロード時間が短くなり、パフォーマンスが向上するようですが……?
技術的な理由はすでにお話したとおりですが、あえて言えば、マイクロソフトがこの特殊機能を仕上げるまえに我々は「Halo 3」を出荷しました。その結果、その機能(あるいは、「Halo 3」の出荷後に見つけたあらゆる可能性)を利用できなかったということもあります。おそらくタイミング的にも非常に難しかったと思います。

Bungie的には、ハードディスクへの取り込み機能をより活かせるように「Halo 3」をアップデートすることは可能ですか? 
可能ではありますが、ハードディスクへの取り込み機能の利用に対応させるために遡って「Halo 3」にパッチ/アップデートを当てるのは、かなりの大仕事になります。それを行うだけのリスクと必要なリソースが、本当にプレイヤーの体験を大きく変えるのに見合うかどうかは慎重に検討する必要があります。この状況はモニターし続けますが、当面、我々のチームは「Halo 3: ODST」や他の未発表のプロジェクトといった将来の優れたゲームを開発することに焦点を合わせています。 

以上のように、ハードディスクに「Halo 3」を取り込むとよりロード時間が長くなり、ディスクドライブからの動作時と比べて快適ではなくなってしまいますので、ご注意をお願いします。これは、もともと「Halo 3」がキャッシュデータ用にハードディスクを使用しているためで、(「Halo 3」を)取り込むと、マップをロードする際に同じハードディスクの2つの異なるエリアでマップをコピーすることになってしまいます。

キャンペーンやオフラインのコンテンツで遊ぶだけであれば、多少Xbox 360が静かになり、ディスクドライブへの影響が減るという点で、わずかに効果を感じられるかもしれません。しかし、「Halo 3」をオンラインでプレイする場合は、マップの読み込み時間の増加が他の人すべての体験に悪い影響を及ぼしてしまうことを、どうか忘れないでください。場合によっては、マルチプレイヤーマップを読み込むのが大幅に長くなることもあり、その間、対戦するすべての人が待たされることになってしまいます。皆、待ちたくはありませんから、我慢できなくなった人たちがパーティーを去ると、マッチングが流れることになります。すると、それによってさらに多くの人が、プレイしたい試合を始めるまでに時間がかかるようになるという悪循環が生まれてしまうわけです。この好ましくない状況を避けるために、Bungieでは「Halo 3」をハードディスクに取りこまないよう、プレイヤーの皆さんに呼びかけています。

Xbox LIVE および Web マーケットプレースメンテナンスのお知らせ

Posted in サポート by xbox360kinectlive : 11/28/2008

サポート情報です。

日本時間 11 月 28 日午後 7 時より、5 分間の間、メンテナンスのため Xbox LIVE およびWeb マーケットプレースのサービスを停止させて頂きます。
ユーザーの皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解、ご協力を宜しくお願い申し上げます。

システムアップデート紹介映像 フォトパーティー

Posted in スポット 360 (動画) by xbox360kinectlive : 11/28/2008

今回のシステムアップデートの新しい機能であるフォトパーティーに関してご紹介します。
パーティーメンバーで写真が共有できます。

 http://images.video.msn.com/flash/soapbox1_1.swf

Youtube 動画URL:
http://jp.youtube.com/watch?v=6rFqs7gYLa4

システムアップデート紹介映像 Xbox ガイドの応用

Posted in スポット 360 (動画) by xbox360kinectlive : 11/28/2008

新しい Xboxガイド を有効に活用する方法をご紹介します。
  http://images.video.msn.com/flash/soapbox1_1.swf

Youtube 動画URL:
http://jp.youtube.com/watch?v=wPrX7V4hm4o

システムアップデート紹介映像 実績

Posted in スポット 360 (動画) by xbox360kinectlive : 11/28/2008

システムアップデートで新しくなった実績の表示方法や実績未獲得のタイトルをリストから削除する方法などご紹介します。
 http://images.video.msn.com/flash/soapbox1_1.swf

Youtube 動画URL:
http://jp.youtube.com/watch?v=Hiy7yGtg4Bo

システムアップデート紹介映像 Xbox LIVE パーティー 後編

Posted in スポット 360 (動画) by xbox360kinectlive : 11/28/2008

Xbox LIVE パーティーの紹介映像後編です。
パーティーメンバーを一斉にゲームに招待したり、チャット回線の切り替えなどをご紹介します。

 http://images.video.msn.com/flash/soapbox1_1.swf

Youtube 動画URL:
http://jp.youtube.com/watch?v=HXVzUk9BevE

システムアップデート紹介映像 Xbox LIVE パーティー前編

Posted in スポット 360 (動画) by xbox360kinectlive : 11/28/2008

システムアップデートでの新しい機能 Xbox LIVE パーティーの前編です。
フレンドチャンネルとXbox LIVE パーティーでのパーティーの作成に関してご紹介します。

 http://images.video.msn.com/flash/soapbox1_1.swf

Youtube 動画URL:
http://jp.youtube.com/watch?v=LoJBIcpmTVY

「Halo 3」関連情報 「Halo 3: Recon」タイトル名変更

Posted in 「Halo 3」情報 by xbox360kinectlive : 11/27/2008


「Halo(ヘイロー)」シリーズの開発元であるBungie(バンジー)のコミュニティーサイト「Bungie.net」からの情報です。先日の東京ゲームショウで発表された「Halo 3: Recon」のタイトル名が、「Halo 3: ODST」へと変更されました。Bungieからのアナウンスをご紹介します。

これまで「Halo 3: Recon」としてお知らせしてきたBungieで準備中のプロジェクトは、本日付けで、「Halo 3: ODST」へとタイトル名が変更されました。

念のためにご説明しておくと、本作は先日発表された「Halo 3」のスタンドアローンの拡張版で、コヴナントによって占領されたニューモンバサでODSTの視点からプレイする、まったく新しいキャンペーンが収録されます。街中を探索し、自分の分隊の居場所をつかむための情報を集めるというその内容に加えて、来秋(※日本では2009年予定)の発売時には、「Halo 3」の新しいマルチプレイヤーコンテンツと、まだ明らかにされていない、さらにいくつかのサプライズをご提供します。

新しいタイトル名は、ODSTとなってニューモンバサの街を捜索するという皆さんが担当する役割や内容を、よりストレートに表したものです。もちろん、Recon(アーマー)は変わらずにゲットできますのでご心配なく。(ReconアーマーはVidmasterの実績に関連していて、来秋の製品版の発売時に獲得できるようになります。)

"ODST"("オデスト"ではなく、一文字ずつ"オー・ディー・エス・ティー"と読みます)とは、"Orbital Drop Shock Trooper(軌道降下特殊部隊)"の頭文字を取ったものです。このUNSC兵団の特殊分隊は、極めて専門的で小規模な作戦の遂行に際して召集されます。ODSTの部隊は、「Halo 2」と「Halo 3」のキャンペーンの一部や、何冊かの「Halo」関連の小説(※日本では未発売)でも活躍しています。彼ら少数精鋭の軍事部隊についてもっと詳しく知りたい人は、Bungieにいる「Halo」のフィクション導師、Robt McLeesのこちらのインタビューもご覧ください。

「Halo 3: ODST」は来秋店頭に投下され、「Halo 3 Mythicマップパック」も来年早々にXbox LIVEマーケットプレースに登場予定です。(詳しい情報は、決定次第!)

Bungieの最新プロジェクトに関する開発情報や新しい詳細は、今後も何週間、何ヵ月と、引き続きBungie.netにご注目ください。差し当たり、皆さんのメモリーバンクから「Halo 3: Recon」を取り除き、「Halo 3: ODST」に交換していただけますようお願いします。また、Bungie.netとXbox LIVEマーケットプレースのすべての既存のコンテンツも、この新しいタイトル名の反映に合わせて入れ替えられますのでご注意ください。なお、(Bungie.net内の)発表トレーラーは、以前に皆さんが視聴あるいはダウンロードしたものとまったく同じで、最後のタイトルロゴだけをマイナーチェンジしたものです。

「Halo 3」関連情報 「Halo 3: ODST」新たなる主人公ODST

Posted in 「Halo 3」情報 by xbox360kinectlive : 11/27/2008


「Halo(ヘイロー)」シリーズの開発元であるBungie(バンジー)のコミュニティーサイト「Bungie.net」からの情報です。「Halo 3: ODST」のキャンペーンの主人公であるODSTのプロフィール情報が公開されました。その内容をご紹介します。

発表時の映像トレーラーに引き続き、今回は「Halo 3: ODST」に登場するUNSCの漆黒の戦士、軌道降下特殊部隊として知られるODSTの、より詳しいプロフィールをご紹介したいと思います。「Halo 2」と「Halo 3」のキャンペーンをはじめ、さまざまな「Halo」関連の作品を通して、すでにこのユニークな特戦隊員のことをご存知かもしれませんが、来秋(※日本では2009年)には、皆さん自身がODSTとなって戦うことになります。そろそろ、知っておくべきころでしょう。

適当な情報でお茶を濁すことはしませんので、ご安心を。今回は、「Halo」の生き字引にして破壊突破作戦のベテラン・エキスパート、BungieのアーティストであるRobt McLeesが手を貸してくれます。彼が、たっぷりと弾を持ってきてくれました。以下、ほんの少しだけマウスをスクロール・ダウンして、RobtによるODSTのプロフィールと、さらに詳しくUNSCの軌道降下特殊部隊とは何者なのかを知るための質問&回答をご覧ください。

「Halo 3: ODST」-ODST
ODST: Orbital Drop Shock Troopers
(軌道降下特殊部隊)

UNSC(国連宇宙軍)のODSTは、海軍特殊兵団(Nav Spec Weap)の指揮権限下にあり、多くの通常部隊の投入が望めない状況下での作戦遂行に当たります。

ODSTは、以下のような極めて専門的、小規模、高危険度な任務を担当します:

・ 深地上監視(DGS)
・ 実力行使(DA)
・ 不正規戦
・ 対テロ作戦
・ 対密輸作戦
・ 個人および特殊設備の保護/奪回

ODSTは、統一地球政府(UEG)のあらゆる国の特殊作戦部隊から募集されます。最初の"選抜志願兵"部隊の結成以来、ODSTは戦闘の"最前線"に投入されています。

Q:戦闘の"最前線"に投入されるということは、"高危険度の作戦"であることを意味します。そういった任務に対応するためのODSTは、どのように選抜され、訓練されるのでしょう? 最初に求められる条件は?
A:ODSTは全員、他の特殊作戦部隊出身のベテランです。したがって、彼らは少なくとも2度の選抜と何ヵ月もの激しい訓練――ODST志願まえの各訓練年数は除いても――をくぐり抜けて来ていることになります。どちらかと言えば、それらの選抜過程よりも、理論上、どんな志願兵も脱落し得る、選抜後に待つ(実戦という名の)3度目の選抜のほうが厳しいと言えるでしょう。年齢も性別も関係なく――身体的および精神的な必要条件さえ満たしていれば、志願者には等しくODSTの"トライアウト"を受ける機会が与えられます。

Q:ODST分隊に合格した各兵士は、どのような訓練を受けるのでしょう? 特殊な任務を遂行するために、どのような専用兵器や武器の使用がODSTでは求められますか?
A:ODSTの活動のために募集される志願兵は、各出身部隊での能力を買われることになります(ODSTの訓練を通して、それを獲得する者もいるかもしれませんが――)。ODSTのもっとも分かりやすい専用装備は、彼らの象徴である傷だらけのヘルメットと、独特なグレーと黒が配されたカモフラージュ仕様の迷彩アーマーです。ODSTともっとも関わりの深い装備の1つには、SOEIV(Single Occupant Exoatmospheric Insertion Vehicle:単独搭乗型大気圏突入ポッド)――別名:降下ポッド、あるいはHEV(Human Entry Vehicle)――が挙げられます。そして、最後に――彼らには、一般的なUNSCの武器のほぼすべての消音バージョンが与えられています。

Q:標準的な戦闘チームは何人編成ですか?専門チームは存在するのでしょうか? あるいは、それぞれのODST分隊が等しくすべての分野に精通しているのでしょうか?
A:戦闘チームの人数には非常にバラつきがありますが、通常は6~8人編成で、各戦闘チームが特定の任務内容のもとに構成されます。隊員それぞれがチーム内での役割を受け持つ10~14人のチームもあります。戦闘チームごとに、それぞれ得意とする任務内容が存在するわけですが、与えられたどんな状況にも対応し得る順応性も備えていると言えます。

Q:"戦力増強"もODSTの主要な機能なんでしょうか?彼らの存在は、一般のUNSCの部隊にはどのように受け止められているのでしょう?
A:ODSTの一団は一般の部隊には組み込まれていませんが、彼らも共同で作戦に当たります。ODSTは、出向く場所すべてで戦力増強をもたらす傾向があります。一般のUNSCの部隊にとっては頼もしい味方でしょう。彼らは、つねにあらゆる助けが必要ですから。

Q:ODSTに関してもっとも知られている、特定の歴史的な活躍や作戦はありますか?
A:2552年の地球防衛にかなうものはないでしょう――そして、それが(「Halo 3: ODST」の)キャンペーンの内容となります。

テーマについてのお知らせ

Posted in サポート by xbox360kinectlive : 11/25/2008


サポート情報です。

システムアップデートにより、新たに「ベーシック」および「プレミアム」の 2 つのパターンの配信が開始されました。今まで配信されておりますテーマと合わせまして、3 つのパターンのテーマが配信されますのでご紹介いたします。

「プレミアム」テーマ
チャンネルやメニュー画面などで 4 種類の背景、フレンド チャンネルのオブジェが含まれ、新しいユーザーインターフェースを最大限にカスタマイズすることができます。「プレミアム」テーマは、コンテンツ名に「(プレミアム)」と記載がされます。
価格:250 マイクロソフトポイント

Xbox 360 チャンネル

フレンド チャンネル

Xbox 360 チャンネル ゲームライブラリー

Xbox 360 チャンネル ビデオ、音楽、画像ライブラリー と Windows Media Center

Xbox 360 チャンネル システム設定

「ベーシック」テーマ
チャンネルやメニュー画面などの 4 種類の背景の表示をカスタマイズすることができます。「ベーシック」テーマは、コンテンツ名に「(ベーシック)」と記載がされます。
*「ベーシック」テーマでは、フレンドチャンネルのオブジェはDefault 表示になります。
価格:150 マイクロソフトポイント

「レガシー」テーマ
これまでのユーザーインターフェース向けに配信されておりましたテーマは、「レガシー」テーマとして今後もご利用いただくことができます。ただし、新しいユーザーインターフェースでご利用の際には、画面の一部が隠れてしまいます。
「レガシー」テーマは今後も継続して販売されますが、現在の価格から50 マイクロソフトポイントに順次改定されます。ご購入の際には、価格をご確認ください。
価格:50 マイクロソフトポイント

Xbox 360 チャンネル

Xbox 360 チャンネル ゲームライブラリー

Xbox 360 チャンネル ビデオ、音楽、画像ライブラリー と Windows Media Center

Xbox 360 チャンネル システム設定

次ページへ »