Xbox 360 ブログ -Xbox LIVE、Kinect などのゲーム情報-


「Halo 3」関連情報 6月のマッチメイキング・アップデート

Posted in 「Halo 3」情報 by xbox360kinectlive : 05/27/2009

「Halo(ヘイロー)」シリーズの開発元であるBungie(バンジー)のコミュニティーサイト「Bungie.net」からの情報です。「Halo 3」のマッチメイキングの来月のアップデート項目が発表されました。その内容をご紹介します。

Action Sack

再び
「まさかのアレが復活します」

「Halo 2」のマッチメイキングを知らない人のために説明すると、Action Sackとは、「Halo」という遊び場の深遠を探求するソーシャルプレイリストのこと。Action Sackは、現在あるどの常設プレイリストとも趣を異にします。Action Sackは、ソーシャルなゲーマーのために考えられた唯一無二のケダモノ。真剣に戦おうと思ってAction Sackに入ると、ヒトとして激しく混乱するかもしれません。要点を挙げると、このプレイリストはソーシャル制(よってTrueSkillレーティングは非表示)で、EXPはなし。Action SackではGeneralなどの称号に意味はなく、予備のコントローラーも不要。あるいは、友人たちにそれを持たせて画面の前に座らせればなおよし、です。
Action Sackは、フレンドやゲストといっしょに参加できる4対4のプレイリストです。そのゲームタイプは……マトモじゃありません。マトモなのもあることはありますが、多くはアブない時間帯にアブない街中を歩くようなものです。果たして、Action Sackにはどんなゲームタイプが登場するのか? さっそく、皆さんが出会うことになるゲームタイプを見ていきましょう……。

以前プレイしたことがあるかもしれない「Halo 3」のゲームタイプより
■Team Rockets
チームスレイヤー。プレイヤーはロケットランチャーを持って出現。50ポイント先取のチームが勝利。
試合制限時間は10分。

■Team Fiesta
チームスレイヤー。プレイヤーはプライマリ、セカンダリともにランダムな武器で出現。(個人戦とは違い)弾切れあり。50ポイント先取のチームが勝利。
試合制限時間は10分。

■Stab-Out
チームスレイヤー。プレイヤーはエナジーソードを持って出現。4ラウンド後、最も高いスコアのチームが勝利。
各プレイヤーのライフ数は3。1ラウンドは3分。

「Halo 2」のクラシックなAction Sackより
■Ninja Assault
1ボムアサルト。爆弾キャリアはアクティブ カモフラージュ状態で移動速度が上がる反面、弱体化。
4ラウンド後、最も高いスコアのチームが勝利。1ラウンドは3分。

■2Flag Shottys
キャプチャー ザ フラッグ。プレイヤーはショットガン装備、シールドなしで出現。
3フラッグ先取のチームが勝利。試合制限時間は12分。

■Pit of Joy
キング オブ ザ ヒル(チーム戦)。プレイヤーはエナジーソード、4xオーバーシールド装備で出現。
エリアの移動はなし。150ポイント先取のチームが勝利。試合制限時間は10分。

地獄の猛者のための新しいゲームタイプ
■Pit of Lies
キング・オブ・ザ・ヒル(チーム戦)。プレイヤーはエリア内にいるあいだ毎秒1ポイント損失するが、エリア内で敵を倒すと2ポイント獲得。プレイヤーは、エリア外ではダメージ0%(一切ダメージを与えられない)、エリア内ではダメージ200%、ダメージ耐性50%に変化。エリアは1分ごとに移動。10ポイント先取のチームが勝利。試合制限時間は10分。

■Tug of War
チームスレイヤー。プレイヤーはバトルライフルを持って出現。敵を倒すとポイント獲得、倒されるとポイント損失。キリングスプリーまたはエリミネーション達成でボーナスポイント発生。25ポイント先取のチームが勝利。試合制限時間は10分。

■Run for Cover
専用のSandboxマップでのワンサイドVIP。VIPのいるチームはプラズマガンを持って地上に出現し、敵にダメージを与えることは不可。VIPの近くにいるプレイヤーはVIPと同じカラー(ゴールド)になり、移動速度が上がる。VIPがゴールに到達するとポイント獲得、VIPが倒されるとポイント損失。つぎのVIPはランダムに決定。VIPのいないチームはスナイパーライフルとスパルタンレーザーを持ってスカイ・バブル(上空エリア)に出現し、VIPチームのスコア獲得阻止を目指す。


つぎはもっと素早く!

■Team Sumo
テリトリー。プレイヤーはグラヴィティハンマー装備、不死身状態で出現。各チームはワートホグで1つしかないテリトリーに乗り込み、敵たちの土俵外への追放を目指す。7ラウンド後、最も高いスコアのチームが勝利。


大地とどろく相撲試合

その他のマッチメイキング・アップデート

■マッチメイキング全体(マップ)
Cubed ― 装備アイテムと武器の再出現時間を調整し、問題のあった隠れ場所を修正
Vessel ― 核融合コイルを除去し、問題のあった隠れ場所を修正
Plurality ― 問題のあった隠れ場所を修正
Avalanche Heavy ― 地上にあるすべてのコンテナをコンテナ〔開〕に変更
Punishment ― 基地を微調整
Utah Mambo ― 装備アイテムの再出現時間を微調整

■Ranked Playlists(ランク プレイリスト)
Team Slayer ― Mythicマップパックが必要
Team Objective ― 休止

■Social Playlists(ソーシャル プレイリスト)
Multi Team ― Mythicマップパックが必要
Social Big Team ― Mythicマップパックが必要
Social Team DLC ― Mythicマップパックが必要。「拒否」成功後は必ずMythicマップが登場
Team Action Sack ― 4対4、EXPなしの新しいソーシャル プレイリスト。すべてのダウンロードコンテンツが必要

■Mythic
Team Mythic ― 休止。ここでのマップとゲームタイプはSocial Team DLCに移動。MythicのTrueSkillとソーシャル レーティングは移行なし

■Double EXP Weekend(実施順)
Grifball
Rocket Race
Social Living Dead ― すべてのダウンロードコンテンツが必要
Team Flag ― すべてのダウンロードコンテンツが必要

■7 on the 7th
Assemblyで7人の個人戦

最後に。何も知らずに私たち(Bungie)のオープンパーティーに参加し、何も知らないうちに上記のマップの問題点を解決する手助けをしてくれたコミュニティーのメンバーたちに感謝したいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。