Xbox 360 ブログ -Xbox LIVE、Kinect などのゲーム情報-


『Halo 3』関連情報 『Halo 3: ODST』の新しい協力モードFirefight

Posted in 「Halo 3」情報 by xbox360kinectlive : 06/12/2009


『Halo』シリーズの開発元であるBungieのコミュニティーサイト「Bungie.net」からの情報です。『Halo 3: ODST』で楽しめる新しい協力モード" Firefight(ファイアファイト)"が発表されました。その概要をご紹介します。

E3関連のニュース記事で『Halo 3: ODST』の情報に注目していた人なら、すでにFirefightについても詳しく知っているかもしれません。皆さんが求めていたものです。それが9月(日本では今秋)に手に入ります。

『Halo 3: ODST』のキャンペーンをベースとするFirefightは、フレンドどうしで4人までいっしょに究極の腕試しに挑戦できる協力プレイモードです。そこでは『Halo』の基本にのっとりながらも、斬新かつハイオクな調整が注入された『Halo』ならではのプレイが楽しめます。Firefightで戦うほとんどの敵は、すでに皆さんが熟知している相手ですが、あらゆるアクションに関して従来の経験は当てにできません。Firefightではもっとも"無害"な敵でさえ、皆さんの残弾やライフが少ないとき、もう後がないときには、危険な脅威となり得ます。各種のスカルを使ってゲーム内容に変化を加えることで、より戦闘をおもしろく、激しくすることもできますよ。

システム概要

Firefightの各ゲームは、おなじみのロビーから始めます。ここで、パーティーリーダーと最大3人のフレンドがあらゆるプレイ条件を設定します。若干見慣れないビジュアルも含まれていますが、『Halo 3』のキャンペーンにあった要素は何も消えていないことがわかると思います。もちろん今回も、(4台のXbox 360本体とテレビがなくても)システムリンク内とXbox LIVE上のプレイヤーを混ぜてプレイしたり、2人での分割画面プレイも可能です。

Firefightロビーでは、『Halo』の伝統的な難易度(ビギナー、ノーマル、アドバンス、レジェンド)を選び、降下するレベル(ステージ)を決めます。最初から多くのFirefight専用ミッションを選べることに気づくと思いますよ。さらに、『Halo 3: ODST』のキャンペーンを進めることで、Firefight用にマップレイアウトや武器配置が調整された複数のレベルをアンロックでき、乗り物が登場するミッションを含め、さまざまな戦闘空間やシチュエーションで戦えるようになります。

この記事では、Crater(Night)とSecurity Zoneという2つのミッションの画面をお見せしています。


Crater(Night)


Security Zone

さらにゲーム内容に変化を加えたければ、すぐにセカンダリ・スカルを選んで投入することもできます。最初から使えるスカルはおなじみの4種類(Blind、Cowbell、Grunt Birthday Party、IWHBYD)で、それぞれの効果もこれまでどおり。BlindはHUD(ヘッドアップディスプレイ)非表示、Cowbellは爆風増大、Grunt Birthday Partyはグラントにヘッドショットをキメたときに紙吹雪が舞い、IWHBYDは愉快なセリフがより多く聞けるようになります。

自分用のプレイヤーモデルを作っていなければ、アンロックしたさまざまなキャラクターモデルをロビーでカスタマイズすることもできます(Firefight用のカスタムアーマーパーツもありますよ)。アーマーのカラー、エンブレム、バックグラウンドを決め、好みのサービスタグになっているかどうかを確認しましょう。

『Halo 3: ODST』をお店に予約注文して(本当にありがとうございます)手に入れた熱い方々は、ジョンソン軍曹に切り替えて、部隊に入ってきたすべての女性を虜にすることもできますよ。


近ごろの小僧はホントに何も知らんな!

難易度の設定には、十分な注意が必要です。多くの皆さんがアドバンスやレジェンドでスカルを使うのを好むことは知っていますが、今回ばかりは途中でノーマルからやり直したいと思うこともあるかもしれません。いきなり手をつらないように、少しずつ慣らしていきましょう。また、Firefightは4人未満の部隊でプレイすると、かなりハンデが高くなることにも気づくと思います。

Firefightでは、1プレイの時間やウェーブ数に制限はありません。ミッションが終わるのは、部隊内で共有ライフを使い果たしたときだけ。ライフストックは共用制なので、誰か1人が奮闘するだけでは苦戦必至です。それも踏まえて、難易度を設定しましょう。

とはいえ、多くの皆さんがこの忠告を無視し、それさえも"自分の『Halo』スキルへの挑戦"と受け取るだろうということも承知しています。我々から言えるのは、「皆さま、どうかがんばってください」ということだけ。Firefightでは、変動制のスコアシステムや輝かしい多数のメダル、新しい実績等を備えた『Halo』の遊び場で、皆さんが丸ごと自由に楽しめるようになっています。

スカルとスコア


画面表示の見かた

まず最初に、Firefightではどの難易度を選んでも自動的にTough Luckのスカルが適用されます。敵を見つけて足元にグレネードを投げても、ヤツらは素早く飛び退くでしょう。セットが進むたびに新しいスカルが自動投入され、よりコヴナントたちが厄介に動くようになり、皆さんは戦術を工夫していくことが求められます。――レジェンドでも物足りない場合? Black Eyeが投入されるまでの辛抱です。あるいはFamine。またはMythic。一度に投入されるスカルは1つだけではありません。それらが組み合わされることによってFirefightの全体的な難易度が上がるだけでなく、敵であるコヴナントがより激しく、ズル賢く変貌し、皆さんの部隊に臨機応変な戦術的対応を要求するのです。

生き延びることができると、ハイスコアとともにさまざまなメダルが授与されます。敵のクラス(階級)ごとに基本ポイントが設定されていますが、メダルを獲得することでそれらは飛躍的に増加します。長時間死亡せずに戦い続けることで、ポイントは何倍にも跳ね上がっていきますよ。

セット、ラウンド、ウェーブ
Firefightは、セット1、ラウンド1、ウェーブ1から始まります。各セットは3ラウンド、各ラウンドは5ウェーブという基本構成です。上の画面の場合は、セット1、ラウンド3、ウェーブ4をプレイ中というわけですね。各ウェーブを乗り切るたびに新たな敵の増援部隊が戦場に投入され、戦闘はどんどん激しさを増していきます。

ウェーブはまったくの変動制(よって戦略を固定することは不可能でしょう)で、運がよければグラントやジャッカルばかり出てきますが、あるいは逆に、アクティブカモフラージュとファイアグレネードを携え、ハンターのペアを引き連れたブルートと当たることもあるかもしれません。

ドラムが鳴り始めたら、ウェーブ5の合図です。戦う相手は……ブルートチーフ!


ドラムです。ドラムの音が響き渡ります。

ラウンド1(くり返しますが、5ウェーブです)をクリアーすると、ひと休みできます。仲間と合流して各自装備をチェックし、うれしい弾薬の補給を受けましょう。満タンの弾薬とともにライフのストックも追加され、つぎのラウンドへと立ち向かう若干の勇気を与えてくれます。

それを3回くり返すと、1セット完了。つぎのウェーブをさらに楽しくするべく、新たなスカルが投入されます。最終的にどこまで進めるかは、皆さんのFirefightでのスキルや気合い次第。あとは、長時間のプレイセッションに耐えられるかどうかでしょう。セットは、ほぼ無限に(本当にかなりのところまで)エスカレートしていきますよ。

Bungie.netでのStats集計
Firefightでのキル数、メダル、セット、ラウンド、ウェーブなどは、すべてBungie.netのStats(戦績)ページに保存されます。ラウンド中、それらすべてをチェックするのが大変そうに思えても心配無用です。もちろん Firefight専用の実績もオンラインで集計されます。また、『Halo 3』の戦績レポートと同様、ミッション終了後にはグラフ、チャート、リーダーズボードなど、膨大な戦績結果情報を確認することができます。

なお、もしこの『Halo 3: ODST』の新しいゲームモードであるFirefightに関しての情報が、他のE3ニュース記事に比べて少し物足りないように感じたとしても、ご心配なく。これらは、まだまだ一部――これから数ヵ月、Firefightと『Halo 3: ODST』についてより多くの情報をお伝えしていきます。引き続き、ご期待ください。

『Halo 3: ODST 』プロジェクトページ(英語)はこちら

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。