Xbox 360 ブログ -Xbox LIVE、Kinect などのゲーム情報-


『Halo 3』関連情報 12月のマッチメイキング アップデート

Posted in 「Halo 3」情報 by xbox360kinectlive : 11/26/2009


『Halo』シリーズの開発元であるBungieのコミュニティーサイト「Bungie.net」からの情報です。『Halo 3』のマッチメイキング モードの12月のアップデート内容が発表されました。Bungieからのアナウンスをお伝えします。
* 本記事中の『Halo 3: Mythic』とは、『Halo 3: ODST』に同梱されている『Halo 3』マルチプレイヤーディスクのことを指します。

11月にTeam Slayerのダウンロードコンテンツ制限を廃止したところ、多くの方から疑問の声が寄せられました。なぜ、そうしたのか?何かの間違い? 『Halo 3: Mythic』の登場に伴ってのMLGからの要請?それとも、Shishka(プレイリスト担当のBungieスタッフ)の受信トレイに届いたXbox LIVEメッセージの数々が、ついに彼をおかしくしてしまったのか? いやいや、もしそうなら、ずっとまえにそうなっているはず。ではいったい、どうして急に方針の変更を?

Team Slayerは実験でした。仮に「ダウンロードコンテンツが必要」の制限をなくしても、プレイヤーは最新のコンテンツを目にすることができるのか、という実験です。「Heroicマップ パック」のリリースから2年ほど経ったいま、「ダウンロードコンテンツが必要」と制限したそもそもの理由を覚えている方はあまりいないかもしれません。つまり、追加ダウンロードコンテンツの所有者を優先する形でユーザーをマッチングすることはできない、という理由です。ダウンロードコンテンツ不要のプレイリストでは、ユーザーの大多数がダウンロードコンテンツを所有していない限り、なかなか新しいコンテンツを見ることはできませんでした。これはBungieにとっても難しい状況で、最終的に我々は、ダウンロードコンテンツを統合して常時必要とし、Double EXP Weekendプレイリストで対応することで、いつも私たちを支持してくれるユーザーをサポートすることにしました。しかし、究極の目標はあったのです。ダウンロードコンテンツ不要のプレイリストでの主要問題が「大多数の人が追加コンテンツを所有していないと、追加コンテンツが登場しない」ということであるなら、大多数のユーザーが追加コンテンツを所有してさえいれば、何も問題はないことになりますよね!

『Halo 3: ODST』のリリースが、その糸口となりました。『Halo 3: Mythic』のおかげで、現在ではマッチメイキングのユーザーの大半がHereticやLongshore、Citadelを含む、すべての追加コンテンツを所有しています。それなら、これまでの方針を少し変え、12月のマッチメイキング アップデートの一環として以下のプレイリストからすべてのダウンロードコンテンツ制限をなくしても構わない、というわけなのです。

・ Team SWAT ・ Team Snipers ・ Team Doubles ・ Squad Battle
・ Rumble Pit ・ Multi Team ・ Social Big Team

That leaves、Team Mythic、MLG、Team Throwback、Action Sack、7 on the 7th、Double EXP Weekendは、最新のコンテンツが必要なプレイリストとして残します。これらのプレイリストはいずれも追加コンテンツに焦点を当てて構成されており、ダウンロードコンテンツ不要とするのは、単純に魅力を半減させてしまうためです。Team Mythicなどは論外ですよね。

7 on the 7thは、過去に行ったユーザー作成マップによるプレイリストに戻します。12月の新登場マップはありません(時間的に厳しいのは、いまBungieが取り組んでいる"あのゲーム"のせいもあったりします)が、コミュニティーからのフィードバックを取り入れ、多くの既存マップがそれぞれの作者によって調整されています。12月のDouble EXP Weekendは、以下のとおりです。

・ Ranked Grifball (Heroicマップ パック、Legendaryマップ パックが必要)
・ Prepare to Drop (Halo 3: Mythicが必要)
・ Mythic Brawl (Halo 3: Mythicが必要)
・ Rocket Race(Heroicマップ パック、Legendaryマップ パックが必要)

最後に。上記のように、12月のGrifballはランク制になりますが、これはいくつかの制限(最大パーティサイズなど)が存在するということにもなります。ランク制のより厳しいアカウント処分が適用され、違反者には通常のEXP停止ではなく、マッチメイキング停止が課されることになります。それを踏まえたうえで、Grifballファンの皆さんは、目いっぱいお楽しみください!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。