Xbox 360 ブログ -Xbox LIVE、Kinect などのゲーム情報-


Halo 3 スペシャルサイトで公開のブログパーツが更新

Posted in 「Halo 3」情報 by xbox360kinectlive : 08/31/2007
「Halo 3」の最新ニュース、ストーリー、キャラクター設定、映像などが楽しめる「Halo 3 スペシャルサイト」で公開されているブログツールが更新されましたのでお知らせします。

Halo3のブログパーツは「Halo 3 スペシャルサイト」で公開されているソースをご自身のブログにコピーするだけで、表示することができます。なお、すでにブログパーツを設置している場合は、自動的に新しいものになります。


Halo 3 スペシャルサイトはこちら
http://www.halo3.jp/

広告

「SEGA Rally Revo」の最新映像が配信中

Posted in 最新映像、体験版 by xbox360kinectlive : 08/31/2007
Xbox LIVE マーケットプレースでの映像の新着情報です。
「SEGA Rally Revo」の映像(英語版)が5種類配信されています。
「SEGA Rally Revo」はセガの人気レースゲームシリーズの最新作です。
映像には、最新のセガラリーのグラフィックについての技術的な解説が収録されています。。
なお、日本での発売は未定です。

映像の一部を動画で紹介いたします。
http://images.soapbox.msn.com/flash/soapbox1_1.swf 
SEGA Rally – Technical – 予告編1(HD)は無料て配信されています。

http://images.soapbox.msn.com/flash/soapbox1_1.swf 
SEGA Rally – Technical – 予告編(HD/SD)は無料て配信されています。
 
http://images.soapbox.msn.com/flash/soapbox1_1.swf
SEGA Rally – Alpine – 予告編(HD/SD)は無料て配信されています。

http://images.soapbox.msn.com/flash/soapbox1_1.swf 
SEGA Rally – Canyon – 予告編(HD/SD)は無料て配信されています。
 
http://images.soapbox.msn.com/flash/soapbox1_1.swf 
SEGA Rally – Tropical – 予告編(HD/SD)は無料て配信されています。
 

「Disruptive Publishers」からゲーマーアイコンが配信中

Posted in ゲーマーアイコン by xbox360kinectlive : 08/31/2007
Xbox LIVE マーケットプレースでのゲーマーアイコンの新着情報です。
「Disruptive Publishers」からゲーマーアイコンが配信されています。
「Disruptive Publishers」は Xbox LIVE マーケットプレースにコンテンツを提供している制作会社です。


DPペット:ゴールデンリトリーバー – ゲーマーアイコンの購入には100マイクロソフトポイントが必要です。


DPアニメ:サマーガールズ – ゲーマーアイコンの購入には80マイクロソフトポイントが必要です。

「Disruptive Publishers」からテーマが配信中

Posted in テーマ by xbox360kinectlive : 08/31/2007
Xbox LIVE マーケットプレースでのテーマの新着情報です。
「Disruptive Publishers」からテーマが配信されています。
「Disruptive Publishers」は Xbox LIVE マーケットプレースにコンテンツを提供している制作会社です。


DPペット:ゴールデンリトリーバー – テーマの購入には150マイクロソフトポイントが必要です。


DPアニメ:サマーガールズ – テーマの購入には150マイクロソフトポイントが必要です。


DP風景:アルプスの夏 – テーマの購入には150マイクロソフトポイントが必要です。

「Halo 3」関連情報 Xbox 360版「Halo 3」ついに開発完了!

Posted in 「Halo 3」情報 by xbox360kinectlive : 08/31/2007
「Halo(ヘイロー)」シリーズの開発元であるBungie Studios(バンジースタジオ)のコミュニティサイト「Bungie.net」からの情報です。
同サイトに掲載された、Bungieによる「Halo 3」の開発完了報告をご紹介します。

「Halo 3」の開発がとうとう完了しました! ということは、その最終バージョンが内部の承認機関の全テストをクリアーし、製品版として仕上げられるために最高機密の生産工場へと託され、現在生産されているということです。 そしてもうすぐ彼らは様々な特製ケースに封入され、店頭へと発送されてくるのです。9月25日や26日に先駆けて、Bungieから皆さんにお礼を申し上げます。

この最高のゲームを作るために一生懸命頑張ってくれたBungieのすべての人達に感謝します。この最高のゲームの制作を手助けしてくれたマイクロソフトのすべての方々に感謝します。精力的な関係各位――アーティスト、デザイナー、エンジニア、ミュージシャン、技術者、作家、ディレクター、プロデューサー、思想家、管理者、忍者、専門家、ゴリラ、ウェブマスター、およびポン引きの方たちに感謝します。

私たちは家族であり、私たちの新しい家族のためにこのゲームを作りました。喜んでいただければ幸いです。誰かに優劣をつけることなどできませんが、それでも、汗と涙、血にまみれながら完成までこぎつけたテストチームには特に感謝しています。

そしてもちろん、Bungieのファンコミュニティーの熱心な応援無しには、ここまで辿り着けませんでした。果てしない世界制覇を探求中のBungie Studiosを支えていてくれる全ての方に感謝します。わずか数週間後に「Halo 3」が発売されたら、またXbox LIVEで10億時間以上を一緒に共有するのが楽しみです。 もうすぐです!!

私たちの戦いは終わり、皆さんの戦いは27日後に始まるのです。

さて、準備はいいですか?

「TimeShift」の体験版配信中

Posted in 最新映像、体験版 by xbox360kinectlive : 08/31/2007

Xbox LIVE マーケットプレースでの体験版の新着情報です。
「TimeShift」の体験版(英語版)が配信されています。
「TimeShift」は、時間を支配する機能を駆使して戦うファーストパーソンシューティングゲームです。
なお日本での発売に関しては未定です。

体験版のプレイ映像の一部を動画でご紹介いたします。
 http://images.soapbox.msn.com/flash/soapbox1_1.swf
「TimeShift Demo」は無料で配信されています。

「Halo 3」関連情報 Xbox LIVEアーケード版「Marathon: Durandal」Q&A

Posted in 「Halo 3」情報 by xbox360kinectlive : 08/31/2007
「Halo(ヘイロー)」シリーズの開発元であるBungie Studios(バンジースタジオ)のコミュニティサイト「Bungie.net」からの情報です。
現在、Xbox LIVEアーケードで配信中の「Marathon: Durandal(マラソン:デュランダル)」は、1994年にBungieが開発した「Halo」シリーズの源流ともいえるFPSです。その内容と、移植スタッフへのQ&Aインタビューをご紹介します。

なぜ「Marathon: Durandal」なのでしょう? おかしなのは、それがシリーズの1作目ではなく2作目だということです。「Marathon: Durandal」は、id社の傑作「Doom(ドゥーム)」としばしば比較される3Dシューティング――両作品は本質的に異なる感触や感覚を持っていますが――通路でモンスターを撃ちまくる、古典的な3Dシューティングです。今回、1作目ではなく「Marathon: Durandal」が移植されたのは、後者のほうがより完成されていて、より多くのゲームモード、より優れたキャンペーンモードなど豊富な特徴を備えた作品だからです。

プレイヤーの皆さんには、きっとBungie作品ならではの作風を楽しんでもらえると思います。そこにはXbox 360用に新たに調整された操作システムなど、紛れもない「Halo」との類似点が存在します。「Marathon: Durandal」は現在の作品と比べると素朴ですが、当時としては非常に複雑で、最先端を行く作品でした。アクションの中に多くのストーリーが織り込まれた神秘的なSFワールド――鮮やかに甦ったBungie初期の傑作を、ぜひこの機会に楽しんでみてください。

今回は、移植を担当したFreeverse社のBruce Morrison氏に、Xbox Liveアーケードで配信中の「Marathon: Durandal」について伺いました。

Freeverse社の紹介と、「Marathon: Durandal」の移植に携わった理由は?

Freeverseは、Mac用ゲームメーカーの最古参のひとつです。1994年に設立され、Macのみを専門に開発を行ってきました。BungieがMac World Expoに「Marathon」を出展したとき、その隣にあったのがまさにFreeverseのブースでした。会社どうしでゲームを取引したり、もちろんApple Talkで「Marathon」をプレイしたりもしました。

2004年、FreeverseにMark LevinとBruce Morrisonという2人の新入社員が入りました。HBO社の「Count Zero」や「Have Blue」でMarkを、Marathon.orgの「Hippieman」でBruceのことをご存知の人もいるかもしれません。Bungie.orgから「Patient Zero」が登場した後、そのMike WatsonがFreeverseに加入。そして2006年、ついに「Myth」チームからSteven Centoが加わります。彼は、何年もまえからFreeverseで働く契約を交わしていたんです。

その彼らが「Marathon」移植のコアチームとなりました。幸い、チーム全員にForgeとAnvil(「Marathon Infinity(マラソン インフィニティ。シリーズ3作目)」に付属されたマップ&物理環境エディタ)の経験があったんです。MarkはAlephOne(ネット上でリリースされた「Marathon」シリーズのソースコード)を使っていたし、Stevenは「Myth」ツールを設計したことでBungieのファイル形式にも詳しく、うってつけの2人でした。彼らはBungieと「Marathon」に心酔していて、いかにリスペクトと愛情を注いでそのシリーズに取り組むべきかも心得ていましたしね。

どんな経緯で「Marathon」というゲームをリメイクしたのですか?

短く答えるなら:「FerrexのDiablo 2(ディアブロ2)」と「World of Warcraft(ワールド・ウォークラフト)」に対する並々ならぬ愛情から。

長く答えるなら:2004年後半、マイクロソフトがXenon(後のXbox 360)のLive ビジョン対応ゲームを開発するためにFreeverseにコンタクトを取ったんです。Freeverseは、Strange Flavourという会社の傘下でした。Mac用の「ToySight」というゲームを作った、イギリスに拠点を置く2人の兄弟の会社なのですが、そのStrange Flavourがマイクロソフトのゲームの仕事を始めたんですね。しばらくしてマイクロソフトは、Strange Flavourのゲームをテストするために、ニューヨークに拠点を置いていたFreeverseがXenonのデバッグキットが必要になると知ります。その神秘の箱こそXbox 360というわけですが、オフィスではおかしなものでした。動かすにはWindowsマシンにつながないといけなかったんですが、初めに何をしたらいいのか誰にもわからなかったんです。そんなデバッグキットにゲームをコンパイルできそうな人間、Windowsに通じていたのがStevenだったんです。

その当時Bruceは、馴染みの「Diablo 2」プレイヤーたち――その大半はSketch氏はじめ偶然Bungieで働くことになった人間なのですが――と「World of Warcraft」を楽しんでいました。Xbox LIVEアーケードの仕事の話は、「World of Warcraft」中で交わされたわけです。Sketch氏は、Bungieが「Marathon」をXbox LIVEアーケードに持ってきたがっていること、ただ、(「Halo 3」か何かのゲームのために)それに注ぐ時間がないことを話していました。これがきっかけでした。

翌日、すべての仕事がストップし、「Marathon 2」(旧PC版の名称)のマップファイル用のファイルローダーが作られました。その週の終わりには、Xbox 360上で「Marathon 2」のステージを見ることができましたよ。Freeverseは、「Marathon」を任せてもらえるようBungieを納得させるには、アイデア以上にプロトタイプ版が必要だろうと考えたんです。

それから数週間かけて、基本的な物理演算と大雑把なネットワークシステムによるシンプルなプロトタイプ版をBungieに見せるために作りました。
その8月のゲームイベントで、Freeverseは残りの問題を解決するためにカークランドのBungieと会い、9月に契約を結んでゲームの開発がスタートしました。

なぜ「Marathon: Durandal」なんでしょう? どうして1作目ではなく?

これには、技術面やビジネス面での理由がいくつかあります。

技術面:
「Marathon 1」はMac(68k)のSystem7で開発されたのですが、今回の移植チームはそれより若干若く(平均年齢25歳)、その形式にあまり詳しくなかったことがあります。また「Marathon 1」は、システム音やリソース分割など、かなりの面で古いMac環境に依存したものでした。
我々はGPLの「Marathon」ソースコードでプロトタイプ版を作ったんです。それは契約まえに利用可能で、うまく残されていたので。
*注意*「Marathon: Durandal」は決してGPL「Marathon 2」ソースコードを使用していません。

「Marathon 2」はWindowsのために、Windows版とWindowsソースコードでリリースされました。
またMac用の「Marathon 2」は、Freeverseが非常に得意とするPowerPCベースのコンピュータで開発されました。MacツールのForgeとAnvilが「Marathon 2」では使えるんです。
「Marathon 1」は非常に小規模なゲームです。「Marathon 1」のステージの最大サイズは256ポリゴン。「Marathon 2」のステージの最大サイズは1024ポリゴンです。

技術面以外:
我々は、最悪の状況からこのプロジェクトを考えなければいけませんでした。すなわち(「Marathon」シリーズ)3作品の中から、たった1つだけをXbox Liveアーケードに移植するということです。それを踏まえたうえでどれが最適かを熟考し、我々は全員一致で「Marathon 2」がベストであると判断しました。3つの中で最も豊かなストーリーと舞台を備えていて、「Marathon Infinity」よりも主流かつ王道――それはピッタリでした。

「Marathon 2」は、プレイするたびに深みを増します。
ともすると、史上最高の武器とも言えるデュアル・ショットガン。
マルチプレイヤーのベストマップのひとつ、Thunderdome(サンダードーム)。「Halo」ファンはFoundation(ファウンデーション)として記憶しているかもしれません。 超クールなキャラクターDurandal(デュランダル)と、彼にまつわる最高のストーリー。

しばらくAlephOneでは「Marathon」をプレイしていないとか?

AlephOneはすばらしいプロジェクトですし、サポートし続ける必要があります。ただ、我々の目標はAlephOneの再現ではなく、「Marathon 2」を再現したかったんです。AlephOneの機能をさらに高めてエンジンに加えたいと考えました。「Marathon」を一度もプレイしたことがなくて試してみたければ、bungie.orgのソースをチェックしてみてくださいね。AlephOneチームは日々エンジンをアップデートし、クールな新機能を追加しているすばらしい連中ですから。

Xbox Liveアーケード版の「Marathon: Durandal」は何が違うのでしょう?

多くの新要素があります。
新しいエンジン。「Marathon: Durandal」はXbox 360の本物の3Dエンジンで動いています。
新しいセーブシステム。セーブするにはパターンバッファを見つける必要があります。以前は最初のレベルをクリアーして2番目のレベルに進んでも、途中で死んだときに最初のレベルに戻ってセーブゲームをロードしなくてはいけない場合がありました。今回は復活時に、新しいレベルのスタート地点からとなります(すべての武器を持った状態で)。また、死んだ直後にセーブした場合はそのチェックを行い、まれに(本当に復活が厳しい場所でセーブしてしまった場合は)その前のセーブポイントから復活させるでしょう。これはフラストレーションを避けるための処置です。

HD グラフィックス。HDグラフィックスで出力可能(デフォルトでオン)です。壁、銃、エイリアン、海兵隊員まで、すべて新たに描き直されています。
720pワイドスクリーン。720p、本当のワイドスクリーンでプレイできます。これは実際、若干見違えると思います。
秒間60フレームのゲームプレイ。「Marathon 2」はもともと1秒あたり30個のフレームで固定されていましたが、それを60まで引き上げました(1秒間に60回以上チェックを行う場合の従来のロジックも確認済み)。これにより、PC対応版よりも遥かに滑らかなゲーム展開が楽しめます。

新しいネットワークシステム。古い「Marathon」のネットワークシステムは使わずに、ReplicaNetとともに新規のものを用意しました。これにより、オリジナルの「Marathon 2」では不可能だった滑らかなゲームプレイとネットの安定性が得られます。また、最大8人同時の協力プレイも可能になります(オリジナル版も8人プレイに対応しましたが、ゲームの安定性に関しては、また別の話でした)。

Xbox 360のために調整された操作システム。Bungieは非常に親切で、「Halo」に非常によく似た操作システムを作り上げるのを助けてくれました。それにより、より滑らかな操作体系を実現しました。 実績、スコアボード、豊かな臨場感。Xbox 360の主要部分ですが、大いに自慢してください。加えて実績は、コアな「Marathon」ファンを念頭に設定しています。

フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、日本語、中国語、韓国語にゲーム全体をローカライズ。本作は、これまでで最も遊びやすい「Marathon」です。
あらゆる部分(秘密のものさえ)が、マイクロソフトのローカライズ専門チームによって翻訳されました。

“サバイバル”は隠し玉的な、「Marathon」のひとり用の新モードとか。その紹介をお願いします! どんな内容なんでしょう?

“サバイバル”は、エイリアンの特攻小隊が出現してプレイヤーをかっさらい、死ぬまで執拗に追い回す巨大トラックのようなモードです。ちなみにそのトラックは、任務遂行を確実にするために爆発します。運がよければ、最後の命が尽きるまえに数百匹を倒せると思いますよ。

サバイバルでゲームを始めると、新しい4つの地獄の1つにランダムで落とされ、大量の銃と弾薬を与えられます。プレイヤーの準備が整うと、一度に数十の敵グループがそのレベルに送り込まれます。それは文字通り、次々と襲い来るPfhor(プフォール)とS’pht(スフト)の”波”。それが、60秒ごとに変化を加えながら続いていくんです。敵を多く倒し、受けるダメージが少ないほど、最終的にスコアは高くなります。(皆さん、スコアボードのトップに君臨したいですよね?)

各ラウンドに進むたびに、Pfhorの下級兵士からJuggernauts(ジャガーノート)”たち”のハンターまで、新たな脅威が次々と登場します。プレイ中と、個々のゲームの両方を飽きさせないためです。波状に敵を入れ替え、その場所をランダム化することで、”サバイバル”のチャレンジ性を高め、予測できないようにする――プレイするたびに少し異なるんです。

敵の場所はランダムですが、”波”の進行は違います。すばらしいテストスタッフのおかげで、巧妙に難易度が上昇していくサバイバルなラウンドに仕上がっています。マルチプレイヤー以外では使う機会の少ない武器も存分に使えますよ。

サバイバルのためだけに用意した4つの新しいレベルを、少しだけお見せします。


「Calm Like Your Mom」から

「Calm Like Your Mom」からもう1枚

「Road Warrior」から

「Full Roaming Vapor」から

「Marathon: Durandal」はファンコンテンツ(=非純正のマップなど)対応ですか?

残念ながら対応しません。それはゲーム的な制限ではなく、Xbox 360の事情によります。Xbox 360のあらゆるコンテンツは、動かすまえにマイクロソフトの承認を得なければいけません。「Marathon: Durandal」内で、「Marathon: Evil or Tempus Irae」をプレイする手段はありません。

「Marathon: Durandal」はフィルム対応ですか?

これも、残念ながら対応しません。これはオリジナル版から省かれた唯一の要素になります。理由は複雑で、まずは「Marathon」のフィルム機能が、どのようにネットワーク上で動いていたかという事情。「Marathon」では各プレイヤーのキー入力が記録され、他のプレイヤーに送られます。フィルムは、入力されたキーストロークにしたがって実際にプレイ再現されるわけです。仮にゲームが止まった場合は、ゲームは同期せず、破綻することになります。今回は現代のネットワークシステムで動作しているため、キーストロークは記録されていません。また、「Halo 3」のフィルムを収納するためのBungieのシステムを知っている人なら、巨大な(そして高価な)サーバーシステムが、すべてマイクロソフトのXbox LIVEに直結しているのがわかると思います。800ポイントのアーケードゲームは、フィルム用のサーバを確保する贅沢さとは無縁なんです。

なぜ、無料で(PC版を)ゲットできる「Marathon」にお金を払わないといけないのか? ぼったくりでしょう!

WindowsとMacで「Marathon」を楽しんでいるなら、それで構いません!
でも、「Marathon: Durandal」は過去最高の「Marathon」体験です。史上最高のゲームプレイと、史上最高の映像。一度Xbox 360のコントローラーを手に取り、HDTVでプレイすると、もう戻れないはずです。

ダウンロードコンテンツには対応しますか?

はい。「Marathon: Durandalはダウンロード可能なコンテンツパックに完全対応します。ただ現在では、ダウンロードコンテンツのためのプランはとくにありません。

「お姉チャンバラ vorteX ~忌血を継ぐ者たち~」の追加ゲームコンテンツが配信中

Posted in 追加ゲームコンテンツ by xbox360kinectlive : 08/30/2007
Xbox LIVE マーケットプレースでの追加ゲームコンテンツの新着情報です。
「お姉チャンバラ vorteX ~忌血を継ぐ者たち~」の追加ゲームコンテンツが 9種類と、全部パック(今回配信されている9種類のコンテンツ全てがパックになったもの)が1点配信されています
「お姉チャンバラ vorteX ~忌血を継ぐ者たち~」は昨年の12月14日にディースリー・パブリッシャーから発売した爽快&快感グロテスクアクションゲームです。

今回はゲーム中で「お姉チャンバラ vorteX」から「お姉チャンプルゥvorteX」にアップグレードする追加コンテンツと3人の追加キャラクターが配信されています。


追加ゲームコンテンツの詳細
■全部パック
 ・お姉チャンプルゥ全部パック - 1900マイクロソフトポイント

  お姉チャンバラ vorteXからお姉チャンプルゥvorteXにアップグレードする
  追加コンテンツ6種と3人のキャラクターが追加されます。

*こちらのパックには下記の9種類のコンテンツ全てを含みますのでアイテムの重複購入にご注意下さい。

■追加キャラクター
 ・プレイアブル「みざりー」 – 500マイクロソフトポイント

  強敵ミザリーでプレイ可能に
 ・プレイアブル「卑魅虚」 – 500マイクロソフトポイント
  本編の最終ボス卑魅虚でプレイ可能に
 ・プレイアブル「レイコ」 – 500マイクロソフトポイント
  クローン人間レイコでプレイ可能に
■着せ替え用コスチューム
   彩 着せ替え用コスチューム
 ・レガシーコスチューム - 200マイクロソフトポイント

  初代「THEお姉チャンバラ」の彩のコスチューム
 ・パンツ&ハットレス - 200マイクロソフトポイント
  彩の新コスチューム
   咲 着せ替え用コスチューム
 ・レガシーコスチューム - 200マイクロソフトポイント

  初代「THEお姉チャンバラ」の咲のコスチューム
 ・お嬢さまスクールガール - 200マイクロソフトポイント
  咲の新コスチューム
   アンナ 着せ替え用コスチューム
 ・迷彩ビキニ&パンツ - 200マイクロソフトポイント

  アンナの新コスチューム
 ・SEXY ダークドレス - 200マイクロソフトポイント
  アンナの新コスチューム

週間 Xbox LIVE タイトルランキング

Posted in Xbox LIVE ランキング by xbox360kinectlive : 08/30/2007
Xbox LIVE 情報です。
8 月 20 日 (月) から 8 月 26 日 (日) までの1週間で、日本の Xbox LIVE で人気のあったタイトルのランキングをお知らせします。
※ランキングの変動アイコンは先週のデータとの比較です。
 
Xbox LIVE のセッション数が最も多かったタイトル
    1.    ファイナルファンタジーXI 
    2.    Gears of War
    3.    ロスト プラネット エクストリーム コンディション
    4.    レインボーシックス ベガス
    5.    Forza Motorsport 2
    6.    アイドルマスター
    7.    ワールドサッカーウイニングイレブンX
    8.    ボンバーマン ライブ
    9.  バトルフィールド モダンコンバット
  10.    Test Drive Unlimited
 

Xbox LIVE にサインインしているユーザーがプレイした時間の合計が最も長かったタイトル
※オンライン対戦や協力プレイなどのプレイ時間も含んだ総プレイ時間です。
※Xbox LIVE に接続している状態であれば、オフラインのタイトルのプレイ時間もカウントされます。

    1.    ファイナルファンタジーXI
    2.    Oblivion
    3.    Gears of War
    4.    ロスト プラネット エクストリーム
    5.  レインボーシックス ベガス
    6.  Forza Motorsport 2
    7.    ワールドサッカーウイニングイレブンX
    8.    アイドルマスター
    9.    Phantasy Star Universe
  10.  Shadowrun
 

マルチプレイのユニークユーザが最も多かったタイトル
※マルチプレイでのマッチメイキングが対象になりますので、MMOは対象外です。

    1.    ロスト プラネット エクストリーム コンディション
    2.    Gears of War
    3.    レインボーシックス ベガス
    4.  ワールドサッカーウイニングイレブンX
    5.  ボンバーマン ライブ
    6.    ゴーストリコン アドバンス ウォーファイター 2
    7.    DEAD OR ALIVE 4
    8.  Forza Motorsport 2
    9.    Shadowrun
  10.  UNO

マルチプレイのプレイ時間合計が最も長かったタイトル
※マルチプレイでのマッチメイキングが対象になりますので、MMOは対象外です

    1.    ロスト プラネット エクストリーム コンディション
    2.    Gears of War
    3.    ワールドサッカーウイニングイレブンX
    4.    Shadowrun
    5.    レインボーシックス ベガス
    6.  Catan
    7.    カルドセプト サーガ
    8.  ボンバーマン ライブ
    9.    クロムハウンズ
  10.  Carcassonne

週間 Xbox LIVE マーケットプレースランキング

Posted in Xbox LIVE ランキング by xbox360kinectlive : 08/30/2007

Xbox LIVE 情報です。
8 月 20 日 (月) から 8 月 26 (日) までの 1 週間で、日本のXbox LIVE マーケットプレースの人気のコンテンツランキングをお知らせいたします。
※ランキングの変動アイコンは先週のデータとの比較です。

 
Xbox LIVE アーケード
    1.New Street Trace:NYC
    2.New Space Giraffe
    3.  Ecco the Dolphin
    4.  Hexic 2
    5.     ボンバーマン ライブ
    6.  Track and Field
    7.  悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲
    8.  Marathon: Durandal
    9.     ゴールデン アックス
  10.     Prince of Persia Classic

ゲームのデモ
    1.New ビューティフル塊魂 体験版
    2.New Blazing Angels 2 マルチプレーヤー 体験版
    3.New メダルオブエアボーン 体験版
    4.  フェイタル・イナーシャ 体験版
    5.  ACE COMBAT 6 解放への戦火 体験版
    6.  Stranglehold 体験版
    7.  ブルードラゴン 体験版
    8.  天誅 千乱体験版
    9.  DEAD OR ALIVE 4 体験版
  10.  ランブルローズダブルエックス 体験版

ゲームの映像
    1.New Call of Duty 4: Modern Warfare
    2.New Sensible World of Soccer
    3.New Street Trace:NYC
    4.  バイオハザード 5
    5.  skate.
    6.  デビル メイ クライ 4
    7.New Blazing Angels 2: Secret Missions of WWII
    8.  ビューティフル塊魂
    9.  アイドルマスター
 10.     E3 2007: Assassins Creed Trailer (HD)

ゲームコンテンツ
    1.     アイドルマスター
    2. Test Drive Unlimited
    3.  ロスト プラネット エクストリーム コンディション
    4.     バレットウィッチ
    5.     デッドライジング
    6.  ランブルローズダブルエックス
    7.  RIDGE RACER 6
    8. ゴーストリコン アドバンス ウォーファイター 2
    9.  ブルードラゴン
  10.     レインボーシックス ベガス

テーマ
    1.     アイドルマスター
    2.     Gears of War
    3.  E3 2007
    3.  Live Earth
    5.  ランブルローズ ダブルエックス
    6.  ゴッドファーザー
    7.  デビル メイ クライ 4
    8.  Perfect Dark Zero
    9.     デッドライジング
  10.     ARMY OF TWO

ゲーマーアイコン
    1.     Gamerscore Blog Community Gamerpics
    2.  アイドルマスター
    3.     E3 2007
    4.  Live Earth
    5.  Corbis
    6.  ゴーストリコン アドバンス ウォーファイター 2
    7.  トラスティベル ~ショパンの夢~
    8.  デッドライジング
    9.  The Outfit
  10.  旋光の輪舞 Rev.X

次ページへ »